2019年4月より、
団体名称を
公益社団法人
3.11みらいサポート
に変更しました。

公益社団法人
みらいサポート石巻は、
東日本大震災で深刻な被害を
受けた石巻市において、
NPO・NGOが調整する
場づくりを行う団体として
設立しました。
3.11から8年が経過し、
震災を伝える活動の支えが
石巻に限らず東北3県に
広がってきたことから、
2019年4月より、法人名称を
「みらいサポート石巻」から
「3.11みらいサポート」に
変更することを決定しました。

公益社団法人3.11みらいサポート
2019/04/01
法人名称を「公益社団法人3.11みらいサポート」に変更しました!
2019/04/01
新法人名称で活動を開始する移行期間のWEBサイトを開設しました

3県への広がり

石巻から東北3県へ

「伝える」活動を継続していくためには、
それぞれが単独で活動するのではなく、
同じ目的で活動をする個人・団体が
連携することが必要です。

2017年11月に設立された東北全域をつなぐ
民間伝承組織「3.11メモリアルネットワーク」の
事務局を担い、支える対象も
石巻から宮城・福島・岩手の東北3県をつなぐ体制へと
変わってきています。
東北3県から一体となって発信することで、
より多くの方へ震災を伝えるともに、
伝承活動をしている個人・団体を支えていきます。

詳しくはこちら

3.11を学ぶ

防災教育=東北
平和教育が広島・長崎なら、
防災教育=東北という
地域になってほしいという思いで、
東北から全国、世界へ
東日本大震災の教訓を
伝えています。

語り部

東日本大震災から救えたはずの、
かけがえのない命。
“自分たちのようなつらい
経験をしてほしくない”

災害から大切な命が守られる
社会を願って、
あの日の教訓を、さまざまな
プログラムで伝え続けています。

詳しくはこちら

震災伝承館

3.11みらいサポートでは、
震災をより多くの方々に
知っていただくため、
独自性の高い展示施設

震災伝承スペースつなぐ館
東日本大震災メモリアル
南浜つなぐ館

を無料で開館しています。

詳しくはこちら

ICTを活用した震災学習

被害の深刻さや未来への教訓から、
少しでも学んでもらえるように。
ARアプリ、ドローン映像、
震災遺構の3Dモデルなどの
ICTを活用しています。

詳しくはこちら