寄付で応援する

「助けられたはずの命がある」
東北被災地で未来の命のために語り続ける活動に、毎月のご支援をお願いいたします。

311津波による南浜被害 

3.11を経て、いまできること。それは震災の記憶を伝え、将来の災害から犠牲者を減らすための行動です。
私たちは、東日本大震災の被災地で活動する個人、団体をつなぎ、震災の体験や教訓を全国へ、そして、未来へと伝えていくために活動しています。

3.11サポートへのご寄付は、南浜つなぐ館の運営や新しい展示やプログラムの開発、情報発信に活用させていただきます。

3.11メモリアルネットワーク基金への寄付は、外部委員会の審査を経て震災伝承活動を行う団体に助成され、東北沿岸地域における伝承活動の連携・企画・育成を支えます。

皆様のご理解・ご協力のお陰で、未来の世代の命を守る活動を継続することができており、改めて御礼申し上げます。

堤防や災害公営住宅建設などのハード事業が一定の成果を見せつつある中、これからの東北に必要なのは、自ら立ち上がり、未来のために活動する人たちを支えてくださる気持ちです。

あなたのご寄付が、あの震災の教訓に向き合い、現場で伝承活動を続ける方々の大きな支えになっています。ぜひ、ご協力をお願いいたします。

<税制優遇について>

公益社団法人への寄付では税控除の方式を選択することができます。

次の算式により算出された額が「寄付金控除」として、所得税から控除されます。どちらか有利な方を選択して ください。なお、どちらも確定申告が必要です。

① 寄付金控除(税額控除)額の計算
(寄付金合計額※1-2,000 円)×40% = 控除額※2

② 寄付金控除(所得控除)額の計算
(寄付金合計額※3-2,000 円)×所得税率※4 = 控除額

詳しくは国税庁ホームページでご確認いただくか、お近くの税務署にお尋ねください。
【国税庁ホームページ】 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1266.htm

※1 寄付金額が総所得金額の40%を超える場合は40% に相当する額が限度です。
※2 控除額は、所得税額の25%が限度です。
※3 年間所得金額の40%が限度となります。
※4 所得税率は、年間の所得金額によって異なります。