カテゴリー:事業内容

3.11メモリアルネットワーク(JT NPO応援)基金 第1次募集説明会を開催します

11月11日(月)より、「3.11メモリアルネットワーク(JT NPO応援)基金」では、東日本大震災の伝承活動の継続を支援する助成プログラムの第1次募集を開始します。(⇒詳細は、こちらをご参照ください。)
それに先立ち、応募を検討されている皆さまに向けて、岩手・宮城・福島の3県で説明会を開催いたします。
民間伝承活動を支える数少ない助成制度ですので、ぜひご参加ください。

注)説明会にご参加されていない方も、ご応募いただけます。

 

説明会開催日程

※説明会自体は1時間ほどで終了し、その後、30分ほど個別のご質問にお答えする時間を設けます(自由参加です)。

(1)福島説明会
日時:2019年11月6日(水)14:00〜15:30
会場:コラッセふくしま302会議室A(〒960-8053 福島県福島市三河南町1-20)

(2)岩手説明会
日時:2019年11月7日(木)10:00〜11:30
会場:青葉ビル研修室2(〒026-0024 岩手県釜石市大町3-8-3)

(3)宮城説明会
日時:2019年11月8日(金)14:00〜15:30
会場:仙台市市民活動サポートセンター研修室5(〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町4-1-3)

 

主催:公益社団法人3.11みらいサポート 共催:3.11メモリアルネットワーク
協力:日本たばこ産業株式会社、認定特定非営利活動法人日本NPOセンター
定員:各日20人程度
参加費:無料
お申し込み:WEBフォームでメールで氏名・所属・連絡先をお知らせください。
      ⇒WEBフォームはこちら

 

募集概要

※詳細についてはこちらをご参照ください。

助成対象団体

以下の 1~3 の要件すべてを満たす団体とします。
(1)東日本大震災の被災者が主体となって、震災伝承、防災・減災、地域づくり活動に取り組む団体
(2)3.11メモリアルネットワーク登録団体など他団体との連携を有し、活動の相乗効果が見込める団体
(3)意思決定機関及び活動報告に必要な経理を遂行できる機関を有する団体(任意団体を含む)

助成対象となる活動

東日本大震災の経験を根底に据え、教訓の伝承に関わる主体をネットワークでつなぎ、命が失われない社会の実現や、被災者や被災地域の苦難を軽減し再生に向かうことの社会の実現に貢献する取り組み。

※助成の対象としない活動  ・単独で取り組み、連携による効果が見込めない活動  ・反社会的、政治的、宗教的であると判断される活動

コースと助成金額

助成金額:総額1000万円

Aコース:上限150万円

Bコース:上限50万円

助成期間

2020年4月1日~2021年3月31日までとする。(実施が1年以内の事業も可能)

審査と審査基準

申請書の受領後、審査に必要な情報確認のため、事務局から訪問や問い合わせをさせていただくことがあります。
(1)東日本大震災の体験、教訓、反省を踏まえた活動であること
(2)住民主体の活動であること
(3)3.11メモリアルネットワーク登録団体など、他団体との連携により相乗効果が見込めること
(4)新しい価値を創り出す企画力を有すること
(5)専門家などの関与により活動を自己評価、向上させる工夫が見受けられること
(6)将来の継続を踏まえ、若い世代を育成する視点を有すること(Aコースのみ)
(7)申請事業が実現性を有すること

応募期間

2019年11月11日(月)~11月25日(月) ※必着

窓口

公益社団法人3.11みらいサポート 3.11メモリアルネットワーク基金事務局(担当:中川)
所在地:〒986-0822 宮城県石巻市中央二丁目8番2号
提出先メールアドレス:311jtfund@311support.com
お問い合わせ先:0225-98-3691, 311jtfund@311support.com
※祝祭日を除く月曜日~金曜日 10:00~17:00

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

TAG

«

震災伝承の継続に、ご支援をお願いします!